過払い請求

過払い請求に関する基礎知識

『過払い』とは?

利息制限法と出資法

『みなし弁済』

過払い請求に関する判例

過払い請求の現状

『みなし弁済』と『悪意の受益者』

過払いに付加する利息

現在の争点はもっぱら計算方法

あなたにeアドバイスお届けします

e-advice.net

どうしても自力では無理な方へ

過払いに強い弁護士を探す

利息制限法と出資法

サラ金の金利は法律によって規制されていますが、その法律は利息制限法と出資法の2つで、それぞれ異なる利率を上限にしています。

出資法では、サラ金などの貸金業者に適用される利率は29.2%までと規定されています。これに違反すると5年以下の懲役又は1000万円以下の罰金に処せられます。通常、サラ金はこれを超える金利を取る事はありません。もし取られているとしたら、それはサラ金ではなくヤミ金です。その場合は、闇金融を自ら撃退するサイトをご参照下さい。

グレーゾーン

一方、利息制限法では、出資法の規定とは別に、以下のように上限利率が定められています。

元本額利率
10万円未満年2割
10万円以上100万円未満年1割8分
100万円以上年1割5分

この間の利率は、通称グレーゾーンと呼ばれており、合法なのか違法なのか、微妙な利率という事になります。

グレーゾーン

グレーゾーンは白か黒か

グレーゾーンを白にするか黒にするか。それを決める規定が貸金業規制法43条にあります。この43条を満たせば白、満たさない場合は黒、すなわち違法となります。白になるなる場合、「みなし弁済が適用される」と言います。

 → 過払い請求を自分で出来るかどうかの判断